こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。まるくに石工房の伏見です。

今回ご紹介させていただきますのは、香川県善通寺市の共同墓地に建てさせていただいた和型のお墓です。

こちらが完成した庵治細目一級石を使用した丸フトン付き9寸やすらぎ型のお墓です。ご依頼くださったのは60代の男性の方で、奥様がお亡くなりになられてこの度お墓を建てられました。
以前ご親戚の方が弊社でお墓を建ててくださったことがあり、そちらからご紹介をいただいたご縁で、今回担当させていただくことになりました。

 

建立前の墓地の様子です。もともとコンクリートの基礎はきちんと出来上がっている墓地でした。

 

お墓が完成しました。こちらの墓地が地形的にホコリが多いところなので、お客様が強く要望されたのは「石の質にはこだわりたい。しっかりした丈夫な石でお墓を建てたい」ということでした。庵治石でもいろいろな石がありますので、複数のお見積書を作成してご検討いただきました。またご家族一緒に展示場にも何度か足を運んでくださり、石の目や色味などを実際に目で見て比べていただき、最終的に庵治細目石一級に決められました。

 

「やすらぎ型」のお墓はお供え台の中にステンレス製の防風用扉付きのローソク立てと線香立てが収納されており、お手入れのしやすさ、お参りのしやすさでご好評をいただいております。お線香の灰が受け皿にたまり、受け皿を取り出して洗うことができます。花立もお掃除がしやすいストレートなデザインです。

 

霊標も物置石もコンパクトにまとまり、スッキリとしたお墓です。

 

これまでの経験から丸フトンを付けたり、巻石を少し高くした方が周囲とのバランスが取れるのではないかと判断し、お客様にご提案させていただきました。丸フトンを付けることで柔らかい雰囲気も加味されました。
完成した墓石を実際に覧になって、「なるほどな。この大きさで良かったわ!」と納得して喜んでいただきました。また「誇りに思う」とのお言葉もいただき、大変嬉しく思いました。

屋内の展示場でご覧いただくサンプル墓石や図面で見ていただくお墓が、実際の墓地の中でどのように見えるのか、思い描いておられるイメージやサイズ感と合っているのかというところは、お客様ご自身にはなかなか分かりづらいところです。そのギャップが埋められるように、いつも出来上がりのバランスを考えて、お客様に満足していただけるようなご提案ができるよう心掛けています。この度は、どうもありがとうございました。

 

株式会社 まるくに石工房 担当:伏見
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-71-3127
営業時間 9:00~18:00(年末年始休み)