庵治石を再研磨して据え直したお墓のおまとめ工事、香川県宇多津町の寺院墓地にて。

こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。まるくに石工房の泉です。

今回ご紹介させていただきますのは、香川県宇多津町の寺院墓地でのお墓の整理・おまとめ事例です。

 

こちらが施工前の墓地の様子です。お墓が2基建っていますが、左のお墓を残して右側に移設し、もう一ヶ所別の墓地のお墓じまいをして、こちらのお墓におまとめすることになりました。
お寺様よりご紹介をいただきまして、弊社で施工させていただくことになりました。

残すお墓は庵治石細目の9寸のお墓です。お客様は「せっかく動かすなら、お墓をきれいにしたい」ということで、当初クリーニングを考えておられましたが、墓石の角に細かい欠けが何カ所もありましたので、石の再研磨をご提案いたしました。石を磨き直すことで石の欠けを消すことができ石のつやも蘇ります。クリーニングよりも費用はかかりますが、ご説明してお客様にもご納得いただき、解体して工場に持ち帰り、石を磨き直して据え直すことになりました。

 

墓地の後ろからの様子です。入口の階段前の通路のコンクリートが破損して土がむき出しになっています。段差ができており、安全面も懸念されますので、こちらも併せて整備することになりました。

 

解体工事が始まりました。カニクレーンを使って、解体した石を搬出しています。左のお墓は石材を工場に持ち帰り、再研磨をして据え直します。
印を付けた巻石の部分にズレが生じていますが、こちらの整備もお客様のご要望の一つです。

 

墓石を全て搬出し土を掘り下げ、巻石のズレを調整しているところです。

 

お墓を据える場所にコンクリートを打って地盤を強化します。

 

工場で再研磨した墓石を据えています。

 

墓誌を新設して、土間部分に新しい真砂土を入れてきれいにならし、お墓のおまとめ工事が完了しました。竿石の左側には、今回合祀した方々のお名前を追加で彫刻しています。

 

デコボコだった通路部分もコンクリートを打ち直して、きれいに整備しました。これで歩きやすくなりますね。

 

石を再研磨し文字の色も入れ直しました。新しい石で建て直したかのように、石の色つやが蘇りました。
ローソク立てと香炉部分は、同じ庵治石細目で新たに作成しました。供物台の下にステンレス製の防風扉が付いており、その中にコンパクトに納められています。お参りしやすいひと工夫で、これまでにも大変ご好評をいただいております。

 

巻石のズレもきれいに整備しました。

 

お客様ご夫婦で納骨の際に来られて、「まるで新品みたいになりましたね!」と、大変喜んでおられました。墓地のお近くにお住まいで、途中で何度も陣中見舞いに来てくださり、差し入れもしてくださいました。
石の再研磨ですが、ミリ単位で調整が必要なとても神経を遣う作業です。磨くことによって石の色が変わることもあり、寸法が微妙に小さくなりますので、いつも仕上がりがたいへん気になるところです。今回は石の欠けている部分が多かったので、寸法が小さくなり過ぎないように調整しながら作業を行いました。出来上がりがどのようになるかかなり気を揉みましたが、きれいに仕上がりお客様にも喜んでいただけたので、ホッといたしました。

お墓の整理のことは長年気になっておられたと思いますので、今回おまとめが完了してご安心されたことと思います。この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。また何かございましたら、いつでもお声かけください。

 

株式会社 まるくに石工房 担当:泉
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-71-3127
営業時間 9:00~18:00(年末年始休み)