観音寺市の地域墓地に、インド産エルサブルーの洋型墓石が完成しました。

こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。まるくに石工房の泉です。

今回ご紹介させていただきますのは、観音寺市の地域墓地に建てさせていただいた洋型墓石です。

こちらが完成した地上納骨型の洋型墓石です。エルサブルー(インド産グレーの御影石)を使用しています。弊社のお客様からご紹介をいただきまして、お墓を建てさせていただくことになりました。お施主様のお母様のお墓です。

 

こちらが工事前の墓地の様子です。横長の敷地で、境界線のブロックに割れが生じています。ブロックは撤去し、新たに巻石を据え直します。

 

完成予想図です。お施主様は当初から洋型の墓石を希望されており、展示場の墓石やカタログをご覧いただいた中から、気に入ったデザインを選んでいただきました。地上納骨型は高さがあるので、洋型墓石と組み合わせるとボリュームが出ます。
竿石に彫刻する言葉や文字、模様などは、お好きなものを自由にお選びいただけます。

 

竿石に彫刻する言葉を3種類の書体で作成し、お好きなものを選んでいただきました。
お花の模様はお施主様がご自分で探されて気に入った図案を送っていただき、それを元に配置しました。「想祈」の文字もお施主様のご指定です。

 

竿石の彫刻の最終案の図面です。

 

巻石を据えてコンクリートを打ち、基礎工事が完了しました。敷地が正確な長方形ではなかったので、巻石の微調整に神経を遣いました。四隅の穴は水抜き用、中央は土の部分を残しています。

 

納骨室の作成中です。

 

台座の石、竿石を載せて目地をコーキングしています。

花立、香炉を据えて、完成まであと一息です。

 

土間を砂利敷きで仕上げて、洋型墓石が完成しました。
黒い石板(インド産インド産黒御影石Y1)が納骨室の蓋になっており、その上に花立、香炉、供物台を据えています。手前の部分は滑り止めにストライプ模様を入れています。

 

後ろの様子です。竿石の背面に戒名を彫刻しています。洋型墓石の竿石は横幅がありますので、霊標のように彫刻スペースに余裕があります。
納骨室の左右には空気孔を設けてあります。地上納骨型は通気が良く、納骨室の中をきれいな状態で保つことができます。

 

お施主様は工事中にも様子を見に来てくださり、お茶の差し入れもいただきました。その際に「思ったよりも大きくて立派なお墓で良かった」と喜んでおられました。
今回、お客様とは主にLINEでやりとりをしながら進めてまいりました。完成したお墓をご覧になって、お礼のLINEを頂き、同行された親戚の方からも「とても現代風のお墓でいいやん!」と言われたと、嬉しいご報告をいただきました。
この度はご用命くださいまして、まことにありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

今回のように、墓石カタログから選んでいただいた場合でも、石の色や種類、竿石に彫刻する文字や模様はご自由にお選びいただけますので、お気軽にご相談ください。

 

株式会社 まるくに石工房 担当:泉
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-71-3127
営業時間 9:00~18:00(年末年始休み)