こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。まるくに石工房の泉です。

今回ご紹介させていただきますのは、丸亀市の地域墓地でのお墓の改修工事例です。
弊社の坂出店から比較的近いエリアということで、お客様よりお問い合わせをいただきました。お墓の数が多く、加齢と共にお参りやお掃除も負担になって来たので、お墓を整理して一つにまとめたいとご相談をいただき、今回工事をさせていただくことになりました。

 

こちらが改修前の墓地の様子です。中央のお墓は比較的新しいのですが、大正から昭和初期に建てられた古いお墓やお地蔵様が横一列に並んでいます。それぞれにお花も活けられ、長い間大切に守って来られた様子が伺えます。

 

一番新しいお墓を残して墓石を撤去し、墓誌を新たに設置することになりました。

 

完成予想図です。このように事前にCG画像を作成しますので、出来上がりの様子をイメージしやすくなります。

 

古い墓石を撤去し墓誌を新設して、工事が完了しました。

 

 

左側の部分です。掘り出したご遺骨はお骨壺から出して、残したお墓の納骨室内に埋めて土に還すかたちで合祀いたしました。撤去した穴を埋めて、草が生えてこないようにセメントで塞ぎました。

 

 

残した墓石は10寸の庵治石のお墓です。墓石はクリーニングを行い、家名・家紋の彫刻部分に色を入れ直しました。(写真には写っていませんが、側面と背面の彫刻文字にも色を入れ直しています)正面文字はかろうじて色が部分的に残っている状態でしたが、逆に色を抜いて整えました。

 

【施工前】

【施工後】

以前のお墓では、ローソクの火が消えやすくお参りしづらいということでしたので、ステンレス製の扉付きのローソク立て・線香置きを供物台の下にコンパクトに収納しました。扉の開閉時に引っかからないように、手前の水鉢の高さを調整しています。
プラスチック製の花筒はステンレス製のものに交換いたしました。

 

綺麗になった墓地の様子をご覧になって、「ごれで大丈夫です。良かったです!」と喜んでいいただきました。お参りしやすいお墓になり、安心されたのではないでしょうか。
工事の時期は雨が多く、お施主様もなかなか現場を見に来ることができない状況が続きましたので気を揉みましたが、無事に完了して安堵いたしました。
これからも末永く大切にお参りしていただけることと思います。この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。

 

株式会社 まるくに石工房 担当:泉
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-71-3127
営業時間 9:00~18:00(年末年始休み)