こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。まるくに石工房の泉です。

今回ご紹介させていただきますのは、香川県三木町でのお墓の移設工事例です。地域墓地から同じ町内の霊園への移設でした。

こちらが移設前の墓地の様子です。庵治石細目のお墓で、建立から45年ほど経過しています。ご依頼くださったのは70代の男性でした。

地域墓地への参道が急で、墓地に水道も無く、お参りが負担になって来ていました。お嬢様の勧めで近くの霊園へ見学に行かれ、アクセスや駐車場などの環境が整っていることから移設を決められ、この度ご依頼をいただきました。

 

お客様からは、長年の間に石に付いた汚れを落として少しでもきれいにして移設したいというご要望がありました。解体して弊社の工場に持ち帰り、砥石で表面の汚れを取り除くクリーニングを行いました。

また納骨室の入口(家紋の入った石と一番下の土台の石の間)に5ミリくらいの隙間があり、水が入ってしまうので、お客様が応急処置としてご自身でセメントでふさいでおられました。その部分を移設の際に調整してもらいたいというご要望もいただきました。

 

こちらが移設後の様子です。台石は新設しています。もともと庵治石で建てられたしっかりとしたお墓でしたので、墓石のクリーニング、文字と家紋への色の入れ直しによって見違えるほどきれいになり、たいへん喜んでいただきました。また、気にしておられた納骨室の入口の隙間も無くなり、出来上がった様子をじっくりとご覧になって、大いに満足してくださいました。

事前の打合せには、これから先お墓をみていかれるお嬢様も参加され、一緒にお話しさせていただきました。お嬢様からは、もともとの墓地よりも移設先の方が狭いので、お墓の掃除がしやすいような石の配置にして欲しいというご要望がありました。砂利の下にはコンクリートで防草対策を施し、砂利石はやや大きめのものを選択されました。また工事の際には、立ち会っていただきました。

 

出来上がったお墓をご覧になって、想像以上にきれいになったと喜んでくださり、お嬢様共々たいへん満足してくださいました。「自分の大きな仕事がひとつ終わって良かった」と安堵しておられました。大きな肩の荷を下ろされたようで、私もそのお手伝いをすることができて、嬉しく思いました。

移設前の墓地への道が私道でしたので、所有者の方にもご理解・ご協力をいただき、工事を滞りなく進めることができました。ありがとうございました。

 

株式会社 まるくに石工房 担当:泉
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-71-3127
営業時間 9:00~18:00(年末年始休み)