株式会社マル邦石工房
株式会社マル邦石工房

お墓を建てる必要はあるの?

お墓に関する法律「墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法・ぼまいほう)によると、必ずお墓は建てなければいけないという規定はありません。ご自宅で遺骨を保管することも特に禁じていません。

それではなぜ、お墓を建てる必要があるのでしょうか?

強く、硬い墓石には、先祖代々の名が永遠に刻まれ、その人が生きたシンボルとして後世に伝えられていきます。
そして、魂の込められたお墓は大きな先祖の力で子孫をいつまでも見守り続けてくれるものとなります。

お墓というかたちあるものを持つことは、故人といつまでも繋がる心の拠り所を持つこととも言えます。
こちらにお墓を建立する際の決まりごとをまとめましたので、ぜひご参考になさってください。

 

生きているうちにお墓を建ててもホントに大丈夫?

生前にお墓を建てることを「寿稜」(じゅりょう)といいます。
「寿」は長寿、長命の意味があり、とても縁起の良い事なのです。「稜」は、(はか)とよみ、皇帝のお墓のことを意味しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

お墓を引っ越した場合、移転後の土地は売れる?

墓地の購入時には、使用規則をよく理解しておく必要があります。

一般に、墓地の転売や譲渡は認められていません。不要になった墓地は、管理者に返還しなければなりませんが、費用は返金されない場合がほとんどです。

お墓の異動後は、すみやかにお寺や管理事務所で手続きをお済ませ下さい。そのままにしておくと、毎年管理料が発生しますので、ご注意下さい。

 

お墓には遺骨はどれだけいれるの?

お墓のサイズにより、骨壷が2つから3つ程入るものから、広い納骨スペースを持つものまであります。
カロート(納骨室)がいっぱいになりましたら、古いご遺骨から順に土に返していきます。

地域によっては骨壷を用いず、布や袋に入れて納めたり、ご遺骨をそのまま安置することもあります。

 

お墓のデザインはどうすればいい?

最近では生前の内からお墓のデザインを決めておくという方が増えてきました。
こちらに詳しくまとめましたのでご覧ください。

また偉人のお墓を参考にする方も多くなってきました。
こちらの参考にしたい偉人のお墓もご覧ください。

 

親が購入したお墓の相続はできるの?

もちろん可能です。

お墓や仏具、仏壇などは祭祀財産と呼ばれ、「祭祀を主宰する者」によって継承されます。お墓を相続する場合は、お寺や管理事務所で名義変更の手続きをして墓地の使用権を継承し、毎年管理費を納め、供養に務める義務があります。

 

墓地はどのように選べばいいの?

交通面や宗旨・宗派などで初めて墓石の建立を検討されている方は分からないことも多いと思います。
詳しくはこちらの墓地選びのポイントをご参考にしてください。

 

最近のお墓事情はどんな感じ?

最近では、ライフスタイルの多様化に合わせ「自分らしい終焉の迎え方」という希望にも様々な考え方が見られるようになりました。
詳しくはこちらの近年のお墓事情をご参考にしてください。