株式会社マル邦石工房
株式会社マル邦石工房

和型や洋型の墓石の意味

墓石は種類も様々で、香川県なら主に庵治石や青木石などを使用します。また、墓石の形は多種多様でそれぞれ意味があります。こちらでは和型や洋型のお墓の意味について説明していきます。

和型のお墓の意味

日本では和型のお墓は笠石、上台石、下台石の構造になっているのが特徴です。笠石は天石とも呼ばれ健康状態・
寿命・子孫の有無を表し、人の身体を意味します。上台石は経済力を表しており、動産を意味するため人石と呼ばれるのです。一番下にある下台石は不動産を意味することから財産の維持を表し、古くから地石と呼ばれています。

また、洋型のお墓と区別する意味もあり間違いのないようにしてきました。伝統的で厳格を感じられる和型のお墓にはそういった深い意味が込められています。

仏舎利塔に由来した意味合い

日本のお墓を代表する和型の1つとして仏舎利塔が挙げられます。和型のお墓は仏舎利塔に由来する供養塔や、
五輪塔を簡潔にしたものです。福禄を意味している和型のお墓は古くから現代まで受け継がれて、日本の伝統に深く根付いています。また、竿石にある仏石や寿石には仏様を迎えるという意味が込められています。

洋型のお墓の特徴や意味

一般的に洋型のお墓が広まったのは戦後と言われております。現在でも和型だけに限らず洋型のお墓もよく見かけるものですが、和型とは異なった雰囲気と意味を持っています。和型に比べると洋型は明るい印象を与え、デザイン性に飛んでいるのが特徴です。

デザイン性だけでなく墓石の量が少なくて済むことから、永代使用料を抑えられるのもメリットの1つに挙げられます。
洋型のお墓は宗教の特色を出さないことが好まれており、誠や心といった文字を墓石に刻まれているのも見られます。

当社は国産の庵治石を使用して質の高い墓石製造を行っております。庵治石の産地である高松市庵治町に構える展示場では国産から外国産まで、100基を越える墓石をご覧いただけます。どのランクでも庵治細目石を使って提供させていただくのが当社の強みです。価格のお問い合わせからお墓造りまでご相談いただけます。高松市周辺にお住まいの方で庵治石のお墓を造りたいとお考えなら当社へお問い合わせください。