株式会社マル邦石工房
株式会社マル邦石工房

墓地の種類

墓地は大きく分けて3つの種類があります。
それぞれの特徴を紹介していきます。

寺院墓地

寺院が運営する墓地のことで、お墓がお寺の境内もしくは境内に隣接する場所にあります。基本的に檀家(寺に所属して寺を支援する)となることが義務付けられており、そのお寺の宗教に合わせて改宗する必要があります。お寺の行事や活動、寺院維持のための寄付が必要な場合もありますが、葬儀や法要、供養について相談でき安心感があります。承継者がいなくなってしまった場合には、永代供養をしてもらうことも可能です。管理も行き届いていますが墓石デザインの自由度は低く、石材店を指定される場合もあります。

公営墓地

都道府県や市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地です。都営墓地や市営墓地もこれに当たります。自治体が運営している場合が多く、永続性や安心感があります。石材店を自由に選ぶことが出来、宗旨や宗派などを問いません。管理費や永代使用料が比較的安いこともあり、競争率が高いので抽選になることが多いです。条件もいくつかあり好きな場所に建立出来ない場合もあります。

民営墓地

宗教法人や公益法人が経営している墓地ですが、宗教や宗派不問の墓地として販売されている墓地です。経営の主体となるのは宗教法人ですが、購入者の資格条件が少なく宗旨・宗派を問いません。墓石デザインの自由度は高く、区画の広さや場所を自由に選ぶことが出来ます。永代使用料や管理費は比較的高めで、石材店は指定されます。墓地によっては運営や管理の面で差が出ることがあります。

香川県高松市にある当社では、好立地が見つかる墓地を紹介しております。墓地紹介は香川県内だけでなく県外も行っており、お客様のご要望に合った墓地の提案も行っております。お気軽にご相談ください。また、当社では、高松で採掘される「庵治石」を使用した墓石建立のご依頼も承っております。国産の墓石を使用し、当社の熟練の職人たちが墓石を丁寧に造りあげていきます。価格についてはお問い合わせください。